2016年のライティング収入や色々なまとめ

今回の記事では2016年に在宅ワークで取り組んでいるライティングの収入について書いていきます。稼いでいないので披露するのは少し恥ずかしいですが、記事にするようなネタがないので・・・。

かなりショボイので恥ずかしいけど暇だったら見てください。

あと、収入以外でライティングをしている中で思ったことや感想も書こうと思います。

スポンサーリンク

2016年のライティング収入

・総収入 642,287円 

・平均    53,524円

2016年はこのようなライティング収入でした。こうやってみると本当にショボイな・・・。2015年と比べても全く成長が見られない。本当に向上心が無いなオレは。

毎月5万円を目標にしているわけではありませんが、気付いたら5万円ペースのような感じになっていました。しっかりと目標を立てていないのが問題か。

私のレベルではライティングとは言えず、やっぱりただの作業に過ぎません。副業と考えれば悪くない金額かもしれませんが。

最も稼いだのはランサーズ

クラウドソーシングのサイト毎に収入を計算してみたところ、最も稼いでいたのは「ランサーズ」でした。

2015年もランサーズでの稼ぎが最も多かったのですが、2015年に比べると2016年の方がランサーズでの稼ぎは減っています。これは、お気に入り登録しているクライアントの案件が少なくなったのが原因です。

こればかりは仕方ないですよね。記事がいらないなら依頼する必要はないし。あと、「プロジェクト形式」で依頼するようになったのかもしれませんね。プロジェクト形式の方が細かく指示を出せますし、修正依頼を出せるので。

ちなみに、ランサーズ以下の稼いだ順はサグーワークスブログルポ【クラウドワークス】、その他となっています。2015年に比べると作業するサイトが多くなりました。稼いだお金はほとんど変わっていないけど。

Webライター入門 ――副業・プロで稼ぐための50の基礎知識
かみむら ゆい V(-\-)Vごとう さとき 染谷 靖子 冨田 弥生 松沢 未和 みちだ あこ 八湊 真央 夕凪 あかり らくしゅ みっくす
技術評論社
売り上げランキング: 302,884

承認率はそこそこ

2016年、ランサーズでは2000件ほど作業しました。そのうち非承認(拒否)となったのは1件でした。承認率が高いのは良いことだけど稼いでいないから意味はないな・・・。承認率はどうでもいいからスピードアップしようかな。

ランサーズではライティング以外に時々アンケートなんかもやっていました。「好みのデザインや色を選んでください」みたいな感じです。

アンケートの報酬はかなり低いですが気晴らしにはなります。

ただ、サグーワークスは他のサイトに比べて非承認が多かったかな。現時点での承認率は99%を超えているので少し非承認が増えたくらいでは問題なさそうです。承認率は獲得できるポイントが多くなるゴールドランクになる上で必要になります。

しかし、承認率以外に前月の獲得ポイントも条件の1つなので、記事を書かないとレギュラーランクに戻ってしまいます。

また、サグーワークスは「カンタン」というマークの案件はほぼ承認されますが、「ふつう」になると非承認率がグッと高くなる印象です。「ふつう」以上の案件は記事をしっかり見ているのでしょうね。

ショックだったのは「ポイントの取り消し」

ライティングしている中でショックだったのは「CROWD」獲得していたポイントが取り消しになってしまったことです。クラウドソーシングのサイトで獲得したお金やポイントが取り消しになる経験は初めてだったのでとても驚きましたよ。

酷い対応ですよね。

この出来事のせいで嫌な気分で年越しました。

クラウドソーシングサイト「CROWD」で稼いだポイントが消えてしまった・・・対応に納得できない
「ランサーズ」や【クラウドワークス】といったクラウドソーシングのサイトはパソコンとネット環境があれば取り組めるので在宅ワーク...

対応に納得できず、問い合わせのメールを送ってみたのですが、不公平な対応だったので改めてメールを送りました。しかし、年末年始だったこともあり、サポートが終了していました。

サポート開始は今年の1/4となっていましたが、今のところメールに対する返信はありません。返信しないで無視されて終わる気がします。

面倒なことにはわざわざ返信しませんよね。お互いに顔を知っているわけじゃないし。まあ、こういう対応をする企業なんだってのはわかりました。

できれば返信してほしいなー。

さいごに

2016年は2015年に比べるとライティングの収入がほとんど増えていなかったです。何も新しいことをしなかった自分のせいです。

タスク形式ではなく、プロジェクト形式でやるべきなんだろうけど面倒だな・・・。タスク形式で案件を探し回っている状況よりはプロジェクト形式で記事を書いた方が無駄な時間を過ごさずに済みそうだけど。

こういうお金の稼ぎ方はいつまでできるのかな。クラウドソーシングのサイトがずっとあるとは限らないし。サイトの心配よりも全然稼げていない現状を心配すべきなんだけど。

とりあえずライティングは今年もやっていきます。