ランサーズに改善してほしい「閲覧制限」



無職なのでクラウドソーシング「ランサーズ」を使って借金の返済や携帯電話料金の支払いに充てるお金を稼いでいます。(高校生や大学生のバイト代程度、若しくはそれ以下)

認定ランサーというランクになっていますが、直接依頼は少ないですし、依頼がきても引き受けないことが多いので相変わらずタスク形式という簡単なやり方が多いです。

他のクラウドソーシングでもライティングしていますが、稼いだ金額を見るとやっぱりランサーズが多いです。

初心者から上級者まで使いやすいサイトだと思っていましたが、最近ちょっと残念と感じることが起こっています。

スポンサーリンク

お気に入りの機能は便利

ランサーズにはクライアントをお気に入りする便利な機能があります。(クラウドワークスにもあります)

お気に入り登録しているクライアントが新しい案件を出すと画面上で通知してくれるため、すぐに案件をチェックできます。

通知があった時はできるだけすぐに見るようにしています。お得な案件だったら作業したいので。お得といってもタスク形式なので報酬は高くないです・・・。

低単価の中でも少しマシな程度って感じかな。

閲覧制限が頻発するようになる

最近、お気に入りの通知があった時に案件をチェックするためにリンクをクリックすると、このような画面によくなります。

通知されてるのに「閲覧制限」になってしまうので案件の詳細は何もわからないし、作業できません。

これじゃお気に入り登録の意味があまりないような・・・。

閲覧制限がよく出るようになった時、お気に入り登録したクライアントが私に閲覧制限を設定しているのかと思っていました。私はクライアントになったことがないので、その辺のことはよくわかりません。

しかし、某掲示板の情報によると私以外にも閲覧制限になっている人がいるとわかったので、クライアントが意図的にやっていることではないように感じています。

ランサーズが案件をチェックしている?

キュレーションサイトの問題で昨年度に大きな問題となったDeNAは先日、第三者委員会の調査報告書に関する会見を開いていましたね。

この問題の影響で案件の内容をランサーズ側が細かくチェックするようになったのかもしれません。

仕方ないとは思うけど、すぐに作業できないならチェックが終わった後に通知するようにしてほしいです。

でも、これってクライアント側にも迷惑をかけていることになるような気がするんだけど。急いでいる時にランサーズ側のチェックが遅くなると納品されるまでに時間がかかってしまうし。

今日の閲覧制限

今日も閲覧制限が発生していました。

午前10時過ぎにお気に入り登録しているクライアントが案件を出したと通知がある

     ↓

閲覧制限と表示されて作業できない

     ↓

午後4時過ぎに改めて通知があり、作業ができるようになる

という流れでした。

案件の通知があってから作業開始まで約6時間もかかるなんて・・・。案件によってチェックする内容は異なるだろうから大変だと思うけど、もう閲覧制限を見たくないのできちんと対策してほしいです。

クラウドワークスの方が使いやすい

閲覧制限は納得できませんが、ランサーズは良いクラウドソーシングだと思っています。私がやっているタスク形式よりもプロジェクト方式の方が大変ですが、稼げるので興味のある方はチャレンジしてみてください。

大手のクラウドソーシングでも使いやすさという面ではランサーズよりもクラウドワークスの方が良いかもしれませんね。