母親の体調不良で夜に車を走らせる

無職になってから1度だけ病院に行きました。

風邪とか怪我ではなく皮膚科に行っただけです。だから無職だけど無駄に体は丈夫です。パソコンを使っている時間が長いから首はよく痛くなるけど・・・。

首が痛くなると少しずつ痛みが頭に移動するから嫌なんだよなー。

タイトルの話に戻るけど、この前母親の体調不良で夜間の救急を受診しました。

夕食を食べてお風呂に入る前辺りでトイレに篭ってしまい、しばらくして様子を見に行くと吐いているのがわかりました。

ちょっと落ち着いて戻ってきてもまた吐き気でトイレに行くというのを繰り返していたので父親と話し合った結果、夜も遅いけど病院に行ってきました。

父親は晩酌をしていて運転は無理だったので、私が運転しました。

家を出たのは午後10時近かったかな?

家を出る前に地元の総合病院に夜間の診療をやっているか電話をしたんだけど、対応した人が何か微妙でした。

10回くらいコールしてようやく電話に出てくれたまでは特に気にしなかったです。だけど、面倒くさいって感じが電話から伝わってきたんですよね。

あと、その人に母親の症状を伝えたんだけど、「先生に代わるからまた同じ説明をしてくれ」って言われたんだけど・・・。

仕方なく先生にまた同じ説明して伺いますってことで電話は終わりましたが。

普通、最初に受付した人が先生に症状を説明すると思うんだけど。

こんなもんなのか。

自分は待合室に待機して母には父が付き添って診察を受けていたんだけど、結局具体的な病名はわからなかったです。

嘔吐しているから便秘とか胃腸炎じゃないのかなーって思っていたんだけど。結局病院では吐き気止めとか整腸剤もらって帰ってきました。

翌日、母親は結構元気になってご飯を食べられるようになっていました。いつも通りって感じです。

更年期とか影響しているのかもしれませんね。あと、冷蔵庫に作ってから4日か5日経過した鮭のバター焼きを晩御飯の時に食べていたことも気になります。

これが怪しい気がするなー。食中毒が原因だったんじゃないかな。

冷蔵庫にあった残り物をもったいないから食べて食中毒とか悲しいですね。

なんか後で聞いたら「吐いたらちょっと楽になった」って言っていたし。

夜間の病院と言えば以前、ウイルス性の胃腸炎になった際にお世話になったことを憶えています。嘔吐と下痢、震え、高熱でヤバかった記憶があるなー。

胃腸炎とかノロウイルスとか本当に辛いですね。口と尻の両方から出そうだから袋持って便器に座っていたような。

点滴だけで帰されてしまったけど大体こんな感じらしいですね。

もう二度と体験したくないわ。

今回は無職で能無しの私ですが、少しだけ役に立てたような気がします。母親はすっかり元気になったから良かった。

これからもっと暑くなるから食べ物の取り扱いには注意が必要ですね。

あと、自分の体で気になることが2つあるからそのうち病院に行こうと思っています。

スポンサーリンク

フォローする

ランキングに参加中
にほんブログ村 その他日記ブログへ

スポンサーリンク