走ったらすぐ疲れた・・・長期無職は体もヤバイな

外出する時は親に車を借りるかバスに使っている。

親の車を借りて万が一事故を起こしたら大変だからな。運転はヘタだし方向音痴だしいつ事故を起こしてもおかしくない。

ダメ人間だから運転する時は集中しているつもりだけど、他の人からすれば見っともない様子だろうな。

まあ、見っともないのはどうでもいいか。とりあえず事故を起こさないようにしないと。

この前外出した時はバスを使った。田舎だからちょっと移動するだけでも高いわ。

ダラダラとどうでもいい用事を済ませたり、ボケーっと店の中を見て回ったりして時間を潰し、そろそろ帰ろうとバス時刻を調べたら発射まで後10分を切っていた。

ここからバスの停留所まで距離は約600m。

急がないと間に合わない気がしたので、無職生活になってから初めて走った。

走ったといってもジョギングぐらいのペース。

「これくらいなら体を動かしていなくても大丈夫だろう」なんて思っていた。

だけど100mくらいの地点で脚がおかしくなった。

なんか重いというか前に出ない感じ。ふくらはぎも張りがでてきた。

停留所に到着した時は息が上がって気持ち悪かったし、やっぱり足がおかしかった。

バスに間に合ったのは良かったけど、長期無職生活で全く体を動かしていないことがヤバイとわかった。

脚の筋力が衰えると走るだけじゃなくても歩くことにも影響あるんだな。

確かにふくらはぎとか筋肉が減っているわ。

元々痩せ形だったけど、筋肉が無くなってさらにもっともなくなっている。

無職になっても歩いたり、筋トレしたりはやった方がいいみたいだな。

でも今更やるのはめんどうだし。もうどうでもいいか。

ただ、筋トレよりも歩くことが大事だとは思う。

まだ無職になったばかりの人は家でゴロゴロするよりも歩いた良いよ。

普通に働いた方がマシか・・・。

スポンサーリンク

フォローする