平成29年分の確定申告をするために税務署に行ったら5分で終わった

今日は2018年の2月19日。すでに確定申告の受付が始まっているので、親の車を借りて税務署に行ってきた。

混んでいるのがとても苦手なので、早い時間に訪れて済ませることにした。午前9時過ぎに税務署に到着。

「駐車場が満車だったらどうしようかな」なんて考えていたのだけれど、まだ余裕があったので税務署の入り口の近い場所をキープ。

ただ、受付に人が並んでいるかもしれないので、それは嫌だなーなんて思っていたところ、まだ人は少ない状況だったので助かった。受付の女性に作成した確定申告書を渡して中身を確認してもらい、すぐに領収印を押してもらった。

領収印で合っているのかな?それとも収受印?よくわからないけど、とりあえずOKだったので良かった。

クラウドソーシングのランサーズクラウドワークスを使ってライティング少しばかりのお金を稼いでいるだけなので、受付の女性に見せるのが恥かしかった。

だけど、あちらはオレのことを知らないだろうし、どう思われても良かったからあまり気にならなかった。

受付のすぐ横に所得税を納める場所があったので呼び鈴を押すと、若い男性の税務署職員が登場した。

作成した納付書を提出し、書類に住所と氏名を記入し、支払い分のお金を渡してすぐに終わった。

たぶん、税務署には5分くらいしかいなかたっと思う。

あっさりと終わってしまった。

オレが手続きを終えて帰ろうとした時くらいから税務署を訪れる人が増えていた。やっぱり早く来て良かった。

住民税の支払いはまだだからお金を用意しておかなきゃならない・・・・。

今年は会社員で確定申告する人が増えそうですね。仮想通貨で儲けた人がいるので。

儲けの半分近く納付しなきゃならないみたいな情報をネットで見たけど、事実ならかなり厳しいな。

1000万円儲かったら500万円、1億円儲かったら5000万円もかかってしまうのかよ・・・

自分には全く関係ないけど。稼げた人はすごいし羨ましい。

コインチェックの日本円の出金できたようだし。これなら儲けた人も安心か。

ただ、流出したNEMの補償はどうなるのか。保有していた人は辛いだろうな。