楽しい夢って見られるものなのか?

昔はかなり寝つきが悪かったけど、年々早く眠れるようになっている気がする。無職だから体力を使わない生活を送っているはずなのに・・・。

全く動いていないから体力が落ちるのは当然か。

それでも、目を閉じてから意識がなくなるまでは5分か10分はかかる。昔は30分とか60分とか寝付けないこともあった。

あと、浅い眠りの時が多いようで夢を見ている時間が長い気がする。すぐに忘れてしまうのだけれど、起きた直後は夢の内容を覚えているので嫌な気分な場合が多い。

昔からだけど楽しい夢を見たことがない気がする。

失敗や嫌だったことの場面が多いから「夢で良かったわ」と思うパターンばかり。

大体こんなものなのかもしれないけど、たまには楽しい夢を見てみたいものだ。たぶん、楽しい夢や気持ち良い夢を見るためには体験しなきゃダメなのだろうな。

寝る前に見たい夢のことを考えれば良いという話を耳にしたことがあるけど、自分はいつも通り嫌な夢しか見られなかった。

もっと充実した人生なら楽しい夢を見られる機会は増えそうだ。今の自分は無職で人に会うこともないし、じっくりと話をすることもない。

どうでもいいことは夢には出てこないから、今よりも少しはまともだった昔のことが夢に出てくるのだろうな。

そういえば、コミュニケーションを取るのが苦手だったので大学で一人暮らしをしている時は、自分を変えるために自己催眠や瞑想の本は読んだことがある。

あと、右脳開発の本とかよく読んでいたわ。酷く頭が悪くて回転が遅いので、右脳を鍛えれば少しはまともになるかと思ったから。

本の内容を色々と実践してみたけど、どれも中途半端になってしまったので何も効果はなかったなー。

高校とか大学に通っていた時は寝る前に漫画や小説をよく読んでいた。だけど今は寝る前に何も読んでいない。スマートフォンでまとめサイトを見るくらい。

寝る前くらいはパソコンとかスマートフォンをいじらない方が良いとは思うけど、つい触ってしまうな。

自分にとって何が楽しい体験なのかはわからないけど、こそこそしなくて良い生活になったら嫌な夢を見る機会は減りそう。

やっぱり仕事とかお金だよな・・・。

スポンサーリンク

フォローする