おっさんには理解できない女子高生の行動

無職で自分の車は持っていないので、外出する時は親の車を借りることがある。ただ、毎回車を利用しているわけではない。

田舎で本数少ないけどバスや電車があるので、親の車以外でも移動することがある。

先日、バスに乗ろうとした時の話。

停留所にやってきたバスに乗る時、自分の前に女子高生が並んでいた。地元だし、自分が高校生だった時もあった高校だから間違いないと思う

車内は少し混んでいたので後方の細長いしか空席がなかった。それでも、細長い席なら自分の前の女子高生は後方の左右のどちらかに座るだろうから、自分も確実に座れると考えていた。

しかし、この女子高生はなんとど真ん中に座りやがった。

一瞬、何が起こったのかわからなかった。完全に予想外だった。

なんでど真ん中に堂々と座るのキミ?

左か右のどっちかに寄ればオレは座れるのに。これは一体どういうことなのだろう。

通路で少し固まってしまったけど、このままではバスが発車できないので中央付近のスペースに移動した。

これってオレが悪いのかな。何か悪いことしたかな。

後から女子高生の友達が乗って来るから席を確保した可能性はある。それでも後方席のど真ん中に座る人いる?

停留所にバス到着し、乗ろうとしてからこの出来事が起こるまで数秒だったから、女子高生もわざとこのようなことをしたとは思えない。

「おっさんこっちくんな」とか「くさいからあっちいけ」だったら近寄らせないためにやるかもしれないけど。ほんの一瞬でそんなことできるか?

女子高生の方を向いてどんな様子なのか確かめたかったけど、勇気がなかったからずっと窓から景色を見ていただけだった。

その後、立っていた近くの席が空いたので座り、後車するまでスマホを操作していたので女子高生がいついなくなったのかわからない。

それにしても本当に意味がわからない体験だった。高校生くらいの時ってちょっと生意気な感じになるのはわかる。自分もそうだったなんて少し思うことはある。

だけど、後方席のど真ん中に座ることはなかった。

「どっちかに寄ってもらえませんか?」と言えばそれで終わりだったと思うけど、無職のおっさんにはどのような内容であっても女子高生に話しかける勇気はなかった。

はあー。やっぱり車で移動するのがいいよな。

スポンサーリンク

フォローする